アルク 児童英語教師養成コース

アルク 児童英語教師養成コース

アルク 児童英語教師養成コース

【総合評価】
3.8 fullfullfullhalfnone


無料特典
アルク 児童英語教師養成コースを買う前に、6692個の口コミを読んできた管理人が語る「日本人が英語ができない唯一の理由」読んでおきましょう(^_^)

口コミレビュー (4)

テキストの内容はどれも興味深く読み進められました。
子供の発達心理や英語を指導する際のスタンスがわかりやすく書いてありました

DVDは、映像が古びているように感じました。10年ほど前のものになるので仕方ないと思うのですが、刷新していただけたら有難かったです。


自分のペースで学習するので、計画性が必要です。
私は半年受講期間延長申請(有料)をして、期限ギリギリでレッスンプラン2種を提出しました。
途中で投げ出したくなりましたが、高額だったため諦めずにできた部分もあったかと思います。
最後苦戦してレッスンプランを、レッスンプランで意外な高評価でやってよかったと思えました。

これから2日間のセミナーを受ける予定です。

もんじゃ   様| ★★★★2017年9月 5日 11:33

通学しなくともテキストに添って学習し、確認テストもスマホで受けられるので手軽な気がしますが、レッスンプランの課題提出はかなり研究してからでないと、よい点数を取るのは難しいかも。資格を取るのに必要な英語力はそれほど高くないような気がしますが、実際に教えるとなったら、この講座で得た英語力では足りないのでは。。と思います。ある程度英語力のある人が、教授法などを学ぶものなのかなと思います。

ねね   様| ★★★★2017年4月 4日 08:48

4月から開始し、10月に終了しました。
教材費は8万円、他にセミナー参加に3万7千円かかりました。
セミナーは充実しており、金額的にもそんなものかも(3万円以内だと有難いですけど)と思いましたが、コース教材が値段の割に頼りないです。
必要最小限の情報やサンプルは用意されています。
8万円ならこれに「小学校英語活動おまかせパック」(2万5千円程度)が含まれていたら納得です。もしくは、6万円位にしてせめて「小学校英語 はじめてセット」が付属していればいいのにな。
提出物のレッスンプラン2回の添削に人件費がかかりそうなので、仕方ないのかもしれませんが、教材としては高く感じました。

教材のみでは、自分で教材の内容を学習した後は、即「はい、レッスンプランを作成してください。サンプルと大半が似ていると不合格ですよ!」という突き放した感じなので、戸惑います。
アルクのSNSや学習相談室などを積極的に活用して進める必要があると思います。

でも、J-SHINEの資格を取るためには、恐らく一番良心的な価格だし、ある程度の英語力があれば真面目に取り組めば終了できると思います。
他にメガブルーバード(11万程度で本資格まで取得できる)と比較検討しましたが、企業姿勢とセミナーの内容でこちらにしました。間違っていなかったと思います。

J-SHINE取得中   様| ★★★★2014年11月13日 10:52

昨年9月より受講し6月にJ-SHINE小学校英語準認定指導者資格が取得できましたが、講座の内容は実践的なことと教授法などの理論的なことを学ぶことができます。実践的なことのみを学びたい方には物足りないような気がします。
お値段はあの内容からすると高いですね。8万円強です。一定基準を満たし、プラス、2日間の講習(37,000円)に参加してやっと、認定資格の申請ができます。正直英語学習者であればお金を払えば、準認定指導者資格まではすんなり取れると思います。

bread***   様| ★★★2014年7月 9日 00:00

スポンサードリンク
1

口コミレビューを投稿する



 評価なし(未実施 or 質問 or 回答 or 評価済み)
 ☆ (悪い)
 ☆☆ (あまり良くない)
 ☆☆☆ (どちらとも言えない)
 ☆☆☆☆ (まぁまぁ良い)
 ☆☆☆☆☆ (良い)


口コミをする前に「ガイドライン」をご確認ください。

※最近、過激な表現の書き込みが増えてきました。 「詐欺」「無駄」「騙す」等の過激な表現は、 場合によっては営業妨害になります。ご注意ください。 それでもこれらの表現を使わざるをえない場合、その根拠をしっかりと書いていただくようお願いします。

※「検討中」など、購入していない段階での意味のない口コミが増えております。また未購入の方による「好評価」や「悪評価」の口コミもいくつかございますが、未購入の方による評価はやめていただきたいです。こういった無益な口コミが増えると、有益な口コミが見づらくなってしまいますので、控えていただくようお願いします。

アルク 児童英語教師養成コースのトップへ↑